プラチナ950について

About Pt950

プラチナは生まれながらの白色の金属で、変質や変色の心配がなく、白い輝きを永遠に保ち続けます。耐久性も高く、日常で安心して使えるため、日本の婚約指輪、結婚指輪では圧倒的な人気を誇ります。プラチナの純粋な輝きと、地球上にわずかしか存在しない希少性から、永遠を誓うにふさわしい貴金属とされています。

ここでは以下の順番で、プラチナ950の魅力をお伝えします。

プラチナ950の魅力

  • Pt950とPt900の違い
  • Pt950には何が入っているの?
  • 安心の耐久性「ハードプラチナ」
  • 変色の心配がなく、白い輝きが続く
  • 金属アレルギーの心配が非常に少ない
  • プラチナ950のまとめ

Pt950とPt900の違い

プラチナのジュエリーには、Pt950とPt900のものが主流となっています。「Pt」はプラチナの元素記号で、そのあとの数字はプラチナの純度を表しています。Pt950はプラチナが95%、Pt900はプラチナが90%入っているという意味です。

プラチナには国際基準が定められていて、プラチナ・ギルド・インターナショナルによって、Pt950(純度95%)以上でなければプラチナジュエリーとして認められないとなっています。このことから、海外ブランドのプラチナジュエリーではPt950が主流になっています。
日本のISO基準ですと、Pt850(純度85%)以上であればプラチナジュエリーと認めらています。

プラチナ950には何が入っているの?

Pt950は、プラチナにパラジウムとルテニウムを混ぜた合金です。プラチナを95%、残りの5%はパラジウムとルテニウムが配合されています。なぜ100%の純プラチナ(Pt999)を使わないかというと、そのままだと強度が弱すぎて、すぐに変形してしまいジュエリーには不向きだからです。近年では、強度を高めた純プラチナも存在しますが、Pt950と比べるとやはり弱いため、末永く身につけていくためにはPt950がおすすめです。
Pt950の比重は約20.6で、K18イエローゴールドの15.5と比較すると、大きくなっています。比重が大きいと、同じ大きさのものを作ったときに、重さが重くなります。ゴールドのジュエリーと比べ、しっかりとした重厚感があるのもプラチナの魅力です。

安心の耐久性「ハードプラチナ」

末永く身につけていくジュエリーには、しっかり強度までこだわったハードプラチナがおすすめです。ハードプラチナとは、通常のプラチナと比べ硬度を高めたプラチナになります。
日本で主流なPt900は、プラチナ90%にパラジウムが10%で構成されています。意外と知られていませんが、このPt900はK18よりも柔らかく、小傷がつきやすかったり、変形する恐れがあります。
ハードプラチナでは、プラチナ95%に、パラジウムとルテニウムを配合しています。ルテニウムを配合することで、プラチナはより強い強度で作ることができます。

変色の心配がなく、白い輝きが続く

プラチナは日常生活の中で変質、変色の心配がなく、安心して身につけることができます。
プラチナと同じ白色の輝きの金属でシルバーがあります。シルバーは大気中で変色してしまうので、時間と共に劣化していってしまいます。
同じく白い輝きのホワイトゴールドがあります。ホワイトゴールドといっても、もともとは黄金色のゴールドなので、白くすることに限界があり、やや黄色味掛かっています。そこでロジウムコーティングを施し、プラチナのような色合いにしていますが、コーティングはいつか剥がれてしまいます。
科学的に安定した素材であるプラチナは、日本で最も人気の金属です。

金属アレルギーの心配が非常に少ない

Pt950のジュエリーを使用していて、金属アレルギーの反応が出る方は非常に少ないです。Pt950の中に含まれる、プラチナとルテニウムに関しては、アレルギー反応がほとんどないです。金属アレルギーに悩まれている方でも、ニッケルやコバルトに反応していることが多いため、それらの金属が含まれていないPt950は大丈夫な方が多いです。
Pt950で金属アレルギーが出るとしたら、パラジウムが原因である可能性が高いです。パラジウムはアレルギーを持っている方が一定数いるため注意が必要な金属ですが、Pt950では限りなくパラジウムの割合を少なくしてるので、軽度なパラジウムアレルギーの方でも身につけることができます。金属アレルギーには相性があるので、気になる方は皮膚科でパッチテストを受けてみてください。

ちなみに、親の金属アレルギーは赤ちゃんには遺伝しないようです。

プラチナ950のまとめ

  • 生まれながらの白色の金属
  • 変質や変色の心配がなく、安心して身につけられる
  • 国際基準で認められたプラチナジュエリー
  • プラチナを95%、残りの5%をパラジウムとルテニウムで配合した合金
  • 強度が強く、耐久性に優れている
  • 金属アレルギーの心配がほとんどいない