ブランドロゴ

品質へのこだわり

About quality

ベビーリングのクオリティ

クラフトマンシップ

ベビーリングは
願いや想いが込められた特別なジュエリー。

末永く一生寄り添っていけるように、
多くのこだわりを持ってお作りしています。

ベビーリングと職人

日本製のクオリティ

アミュリのベビーリングは、全て日本国内で日本の職人によって作られています。一生もののジュエリーとなるベビーリングは、お客様の想いを大切に、熟練の職人がひとつひとつ丁寧に仕上げています。

ブランドのオリジナル商品だけでなく、オーダーメイドにも対応するには、確かな経験と高い技術が必要不可欠になります。末永い未来に、安心して届けることができるように、心を込めて作り上げていきます。

指輪の強度と高級感

指輪の厚みは強度と高級感を出すのにとても重要になってきます。指輪は本来、指に身につけるものなので、長い間耐えることができる強度があるべきです。強度を考える場合に素材の種類に目がいきがちですが、最も大事なのが指輪の厚みなのです。指輪は輪っかなので横からの衝撃よりも縦からの衝撃に弱いです。指輪の幅は細身や太身などのデザインの好みはあると思いますが、指輪の厚みは強度に直結するので、「薄いは弱い」「厚いは強い」になります。

地金をたっぷり使い、強度と耐久性を高めたデザインは、高級感のあるジュエリーに仕上がります。

ベビーリングと緑色の紫陽花
ベビーリングの制作風景

引っ掛かりのない作り

指輪の内側を少しだけ丸めて、滑らかな肌触りにしていきます。その他にも石を留めた周りは、金属が彫られているので、わずかですが段差ができます。この段差にも注意をし、滑らかに仕上げていきます。

ベビーリングは、記念撮影の時などに赤ちゃんが身につけることがあると思います。その時に引っ掛かりがあるとトラブルの原因になることがあります。もちろん大人が身につけた時にも、衣服に引っ掛けたりしないように、細心の注意を払って仕上げていきます。

美しいデザインバランス

ベビーリングはとても小さいので、デザインのバランスを作るのが難しくなります。特に、アミュリのベビーリングは、結婚指輪のミニチュアをコンセプトにしているため、結婚指輪とのお揃い感を再現するために研究を重ねました。実際の結婚指輪よりも制限があるため、幅や厚み、ダイヤモンドの大きさ、ダイヤモンドのピース数など、ひとつひとつこだわり作り上げました。

どの角度からも美しく見えるよいうに設計されたベビーリングは、ネックレスとして身につけた時にも魅力的に見えるようにデザインされています。

ネックレスを通したベビーリング
ベビーリングと工房

安心の強度のための素材選び

ベビーリングを一生ものにするために、素材選びは重要になっていきます。簡単に歪んだり、変形したりしないように、強度の強い素材のみを使用しています。指輪の変色に関しては、日々のお手入れや磨き直しで解決できますが、そもそも弱いデザインを強くすることは難しいです。初めからしっかりした素材を選ぶことが大事です。アミュリでは強度の強い素材のみを使用しています。

厳選された宝石

宝石にはひとつひとつに個性があります。色味、傷や内包物、プロポーションなど様々な違いがあります。ダイヤモンドであれば、ある程度の美しさを見分けることは難しくはありませんが、誕生石に関しては欠けていて丸くなかったり、大きな傷がついていたり、色味がバラバラだったりと、美しさを見分けることが難しくなってきます。アミュリでは一定の水準を設け、仕入れの時にひとつひとつルーペで確認し選んでいます。

結婚指輪デザインのベビーリング
ベビーリングと職人

日本製のクオリティ

アミュリのベビーリングは、全て日本国内で日本の職人によって作られています。一生もののジュエリーとなるベビーリングは、お客様の想いを大切に、熟練の職人がひとつひとつ丁寧に仕上げています。

ブランドのオリジナル商品だけでなく、オーダーメイドにも対応するには、確かな経験と高い技術が必要不可欠になります。末永い未来に、安心して届けることができるように、心を込めて作り上げていきます。

ベビーリングと緑色の紫陽花

指輪の強度と高級感

指輪の厚みは強度と高級感を出すのにとても重要になってきます。指輪は本来、指に身につけるものなので、長い間耐えることができる強度があるべきです。強度を考える場合に素材の種類に目がいきがちですが、最も大事なのが指輪の厚みなのです。指輪は輪っかなので横からの衝撃よりも縦からの衝撃に弱いです。指輪の幅は細身や太身などのデザインの好みはあると思いますが、指輪の厚みは強度に直結するので、「薄いは弱い」「厚いは強い」になります。

地金をたっぷり使い、強度と耐久性を高めたデザインは、高級感のあるジュエリーに仕上がります。

ベビーリングの制作風景

引っ掛かりのない作り

指輪の内側を少しだけ丸めて、滑らかな肌触りにしていきます。その他にも石を留めた周りは、金属が彫られているので、わずかですが段差ができます。この段差にも注意をし、滑らかに仕上げていきます。

ベビーリングは、記念撮影の時などに赤ちゃんが身につけることがあると思います。その時に引っ掛かりがあるとトラブルの原因になることがあります。もちろん大人が身につけた時にも、衣服に引っ掛けたりしないように、細心の注意を払って仕上げていきます。

ネックレスを通したベビーリング

美しいデザインバランス

ベビーリングはとても小さいので、デザインのバランスを作るのが難しくなります。特に、アミュリのベビーリングは、結婚指輪のミニチュアをコンセプトにしているため、結婚指輪とのお揃い感を再現するために研究を重ねました。実際の結婚指輪よりも制限があるため、幅や厚み、ダイヤモンドの大きさ、ダイヤモンドのピース数など、ひとつひとつこだわり作り上げました。

どの角度からも美しく見えるよいうに設計されたベビーリングは、ネックレスとして身につけた時にも魅力的に見えるようにデザインされています。

ベビーリングと工房

安心の強度のための素材選び

ベビーリングを一生ものにするために、素材選びは重要になっていきます。簡単に歪んだり、変形したりしないように、強度の強い素材のみを使用しています。指輪の変色に関しては、日々のお手入れや磨き直しで解決できますが、そもそも弱いデザインを強くすることは難しいです。初めからしっかりした素材を選ぶことが大事です。アミュリでは強度の強い素材のみを使用しています。

結婚指輪デザインのベビーリング

厳選された宝石

宝石にはひとつひとつに個性があります。色味、傷や内包物、プロポーションなど様々な違いがあります。ダイヤモンドであれば、ある程度の美しさを見分けることは難しくはありませんが、誕生石に関しては欠けていて丸くなかったり、大きな傷がついていたり、色味がバラバラだったりと、美しさを見分けることが難しくなってきます。アミュリでは一定の水準を設け、仕入れの時にひとつひとつルーペで確認し選んでいます。

アミュリについて一覧

Instagram