【新常識】結婚指輪とお揃いのベビーリング

ベビーリングはお揃いがおすすめ

赤ちゃんにとってのファーストジュエリーとなるベビーリングは、最近ではパパママとお揃いのデザインが人気があります。赤ちゃんらしいキュートなデザインも可愛いですが、お揃いのデザインなら愛着がグッと増します。ここでは、そんなお揃い感のあるデザインをご紹介していきます。

お揃いのデザインで強い絆で結ばれる

結婚指輪は一般的には夫婦でペアのデザインや、お揃い感のあるデザインが選ばれています。赤ちゃんのベビーリングが、おふたりの結婚指輪とお揃いのデザインなら、親子みんなで同じデザインを共有することができます。お揃いのデザインには、いつまでも家族が強い絆で結ばれるようにと、願いが込められています。

流行やシーンを選ばない

ベビーリングのデザインの中には、赤ちゃんに向けたキュートなデザインが多く存在しますが、パパママが身につける場合や、赤ちゃんが大人になって身につける場合は、かなり人を選ぶと思います。

結婚指輪の場合は、「シンプルで飽きのこないデザイン」「将来身につけていても違和感のないデザイン」と考える方がほとんどで、末永く身につけていくため、流行やシーンに左右されないものが多いです。おふたりがこだわって選んだ結婚指輪のデザインとお揃いのデザインなら、子供が大人になった時にも違和感なく身につけることができると思います。

おふたりの結婚指輪が別々のデザインの場合は、男の子だったらパパとお揃い、女の子だったらママとお揃いといった合わせ方も素敵だと思います。

結婚指輪とお揃いのデザインをご紹介

甲丸デザイン

結婚指輪といえばこの甲丸デザインをイメージする方が多いと思います。時代や流行に左右されない普遍的なデザインのため、このデザインを結婚指輪に選んだ方も多いと思います。シンプルで飽きのこないデザインのため、未来に願いを込めたベビーリンにもおすすめのデザインです。

ひねりデザイン

シンプルでありながら、エレガントな流れが特徴のデザイン。男性は石なしで、女性はダイヤモンドを留めたデザインのアレンジが人気の結婚指輪です。ひねりのデザインは特徴があるので、小さなベビーリングになってもしっかりと個性を感じることができます。

S字デザイン

S字のデザインは、指元を美しく見せるデザインとして結婚指輪でとても人気です。指輪のフォルム自体に動きがあるので、小さなベビーリングになっても、パッと見ただけでもお揃い感を感じることができると思います。

V字デザイン

V字のデザインは、さりげなく指長効果があるとして、結婚指輪で人気のデザインです。V字のデザインのベビーリングは、小さくなることでよりキュートさが増し、可愛らしいデザインになっています。

槌目デザイン

ヴィンテージな雰囲気が人気の槌目デザイン。結婚指輪の場合は、指に身につけるため小傷などの使用感は避けられません。槌目デザインであれば小傷も味になり、気になりづらいです。ベビーリングは指につけないので、小傷はつきづらいです。

ミル打ちデザイン

デザインにメリハリと、重厚感を与えてくれるミル打ちデザイン。 シンプルに纏まったデザインでありながら、特徴的でしっかりとした主張があります。小さなベビーリングでも、ミル打ちの存在感はしっかりとあります。

エタニティデザイン

ダイヤモンドを贅沢にあしらったエタニティリング。結婚指輪として、婚約指輪としても人気のデザインです。ダイヤモンドの輝きは「永遠」と言いますが、子供が大人になった時にも、同じ輝きを届けることができるのがダイヤモンドの魅力です。

婚約指輪デザインのベビーリング

ダイヤモンドの入ったデザインがお好みの方は、婚約指輪とお揃いのデザインを選ぶのもおすすめです。婚約指輪は結婚を決意した証として贈られた指輪なので、その婚約指輪とお揃いのデザインを選ぶことで、特別な想いを込めることができます。女の子が生まれた場合は、ママの婚約指輪とお揃いで記念撮影をできたら、すごく可愛い写真が撮れそうです。

ママがネックレスとして身につける時も、ダイヤモンドが輝く婚約指輪のデザインなら、首元での存在感もあります。婚約指輪にエタニティリングを選んだ方なら、主張しすぎない、ダイヤモンドのさりげない輝きが魅力のデザインになります。

婚約指輪がなかったご夫婦にも、出産したママへのプレゼントとして、婚約指輪のデザインを贈るのもおすすめです。パパになる決意の証としても、家族にとって特別な指輪になります。

【一緒に読まれている関連記事】