K10ゴールドについて

About K10 Gold

K10はリーズナブルに、カジュアルにジュエリーを楽しみたい方におすすめの金属です。見た目の印象はK18とほとんど変わりなく、高級感があります。K18のほうが高価なので、K10にチープな印象をお持ちの方もいると思いますが、強度も高く、耐久性にも優れた金属です。

ここでは以下の順番で、K10ゴールドの魅力をお伝えします。

K10ゴールドの魅力

  • K10とK18の違い
  • K10カラーゴールドには何が入っているの?
  • K10はとても強度が高く、変形しにくい
  • 変色しやすいので、クリーニングが大事
  • 金属アレルギーはやや注意が必要
  • K10とK18は、どちらがおすすめ?
  • K10のまとめ

K10とK18の違い

K10とK18の最大の違いは純度です。金は純金をK24として、金の含まれている純度を24分率で表します。K18は75%、K10は41.7%、金が含まれているということになります。金が多く含まれているほうが高価で、価値も高くなります。

見た目の違いはわずかで、イエローゴールドだと、K10のほうがやや薄いイエローです。ピンクゴールドは、K10のほうが色が濃く、はっきりとしたピンクカラーです。ホワイトゴールドは、表面にロジウムコーティングを施すので、K10、K18のどちらも同じ色味になります。

重さは、同じデザインを作ったとして、K10のほうが軽く仕上がります。金自体が比重の大きな金属なので、金が含まれる量が少なくなると軽くなります。

K10ゴールドには何が入っているの?

K10イエローゴールドは、金に銀と銅を混ぜた合金です。K18イエローゴールドと比べ、金が含まれている量が減り、銀と銅の割合が増えるためやや薄いイエローカラーになります。

K10ピンクゴールドは、金に銀と銅を混ぜた合金です。銅の割合が非常に多く、金と同等の割合を占めます。そのため、ピンク色が一層強まり、K18ピンクゴールドと比べて、濃いカラーに仕上がります。

K10ホワイトゴールドは、銀、銅、パラジウムを混ぜた合金です。K18ホワイトゴールドと同じく、そのままだとやや黄色味のあるゴールドのため、表面にロジウムコーティングを施し白い輝きに仕上げていきます。ロジウムコーティングは長く使用していると剥がれるので、次第に中の地金が見えてきます。ロジウムコーティングは掛け直すことが可能なので、定期的なメンテナンスがおすすめです。

K10の比重は12〜13前後で、色や配合によって変わります。K18の比重は15〜16前後で、K10のほうが小さくなります。比重が小さいと、同じ大きさのものを作ったときに、重さが軽くなります。プラチナ950の比重は約20.6で、同じデザインでもK10の倍ほど重くなります。

K10はとても強度が高く、変形しにくい

ジュエリーで使用される金では、K18やK14、K10などがありますが、なぜ純金を使わないかというと、とても柔らかく、強度が弱すぎて、すぐに変形してしまうからです。そこで、他の金属を配合し、合金にして強度を高めていきます。
K18と比べ、K10は金の量が少ないため、その他の金属が多く配合されています。そのため、K18以上の硬度になり、とても耐久性がの高く、変形のしにくい金属になります。日常生活においては、K18でも問題のない強度を持っているので、極端な違いはありません。
価値は下がるので、K10のほうが弱いと思っていた方も多いと思いますが、むしろK10のほうがわずかですが強いです。

変色しやすいので、クリーニングが大事

K10は金の含まれている割合が少なく、その他の金属が多く含まれているので変色はしやすいです。金自体は変色のない金属ですが、銀と銅が変色していきます。
変色の原因は、銀と銅が酸化に反応しやすく、油分や硫黄などとの科学反応を起こすからです。
変色の原因でもある油分は、定期的に拭くことで対策が可能です。硫黄に関しては、温泉などに多く含まれる成分ですが、入浴のときは外すことをおすすめしています。酸化については空気中に存在してしまうので、対策のしようがありません。
特に銅を多く含むK10ピンクゴールドは、何もしなくても空気中にあるだけで、数か月で色が変わってしまいます。変色した場合でも、クリーニングをすることで元の色に戻るので、定期的な洗浄をおすすめしています。
クリーニングはご自宅でもできます。

  1. 中性洗剤を溶かしたぬるま湯に、ジュエリーを入れてつけ置きをしてください。
  2. 数分後、水洗いをし汚れを落とします。
  3. 柔らかな布で水分をふき取ってください。

以上のことで、油分などの汚れが取れるので、ジュエリーを綺麗にすることができます。変色してしまって、どうしても気になった場合は、メンテナンスをプロにお任せください。

金属アレルギーはやや注意が必要

K10はK18と比べ、金の割合が少なく、その他の金属が多く含まれているので、金属アレルギーのリスクも高まります。
金属アレルギーに悩まれている方の多くは、ニッケルやコバルトに反応しているので、それらの金属が含まれていないK10は大丈夫な可能性が高いですが、やや注意したいです。金と銀に関しては、アレルギー反応がほとんどないですが、銅とパラジウムにアレルギーをお持ちの方は一定数います。
以前に、銀や真鍮の製品でアレルギーが出た方は特に注意してください。アレルギーリスクを考えた場合は、K18やプラチナ950のほうがおすすめです。
金属アレルギーに関しては、病院でパッチテストをおこなうことで、検査ができます。気になる方は、医師に相談してみてください。

ちなみに、親の金属アレルギーは赤ちゃんには遺伝しないようです。

K10とK18は、どちらがおすすめ?

  • リーズナブルにカジュアルにジュエリーを楽しみたい方にはK10がおすすめです。
  • 変色を気にされる方はK18またはプラチナがおすすめです。
  • 金属アレルギーを気にされる方はK18またはプラチナがおすすめです。
  • 末永く使用したい方はK18またはプラチナがおすすめです。

K10のまとめ

  • リーズナブルでも高級感のある素材
  • 金の純度は41.7%
  • 強度はとても高く、変形しにくい
  • 変色しやすいので、定期的な洗浄が大事
  • 金属アレルギーはやや注意が必要