K18ピンクゴールドについて

About K18 Pink Gold

ピンクがかった優しい色味が特徴のK18ピンクゴールド。一般的なK18イエローゴールドと比べ、銅を多く配合することで独特なピンク色を作ります。実は、プラチナやK18イエローゴールド以上の硬度を持ち、とても耐久性に優れています。

ここでは以下の順番で、K18ピンクゴールドの魅力をお伝えします。

K18ピンクゴールドの魅力

  • 日本人の肌になじむ
  • K18ピンクゴールドには何が入っているの?
  • プラチナやイエローゴールド以上の硬度
  • ピンクゴールドは変色する?
  • 金属アレルギーの心配が非常に少ない
  • K18ピンクゴールドのまとめ

日本人の肌になじむ

K18ピンクゴールドは、柔らかいピンクの色味で、日本人の肌によくなじみます。ピンクという名前が先行して、とてもキュートなイメージを持たれることが多いですが、男性の肌にも合いやすいです。
身につけたときの主張が強過ぎず、さり気なく彩ることができるので、どんなファッションとも相性がいいです。肌なじみを重視してジュエリーを選ぶ方に、K18ピンクゴールドはおすすめです。

K18ピンクゴールドには何が入っているの?

K18ピンクゴールドは、ゴールドに銀と銅を混ぜた合金です。金を75%、銀を5%、銅を20%配合しています。K18ピンクゴールドの特的なピンクの色合いは、銅を多く配合しているからです。
他のK18ゴールドの配合についてですが、イエローゴールドは、銀と銅の割合がだいたい半々です。ホワイトゴールドは、銀と銅以外にパラジウムを配合しています。
K18ピンクゴールドの比重は約15.2で、K18イエローゴールドの約15.5と比較すると、やや小さくなっています。比重が小さいと、同じ大きさのものを作ったときに、重さが軽くなります。同じ寸法とサイズでも、金属の種類によって重さが違うのは比重が関係しているからです。

プラチナやK18イエローゴールド以上の硬度

K18ピンクゴールドは、日常生活で毎日使用しても、安心できる耐久性があります。K18ゴールドの中で最も硬く、プラチナやK18イエローゴールド以上の硬度を持っています。とても高い強度を持っているので、生活傷にも非常に強いです。
傷がついたとしても、ほとんど気にならないというメリットもあります。プラチナやホワイトゴールドの白い輝きよりも、K18ピンクゴールドの輝きは、傷が気にならないです。同様に、K18イエローゴールドも傷が気にならない金属です。

ピンクゴールドは変色する?

K18ピンクゴールドは、長い年月と共に変色していきます。K18ピンクゴールドの中に含まれる、金は変色しないですが、銀と銅が変色していきます。特に銅の割合が多いため、K18ゴールドの中でも変色しやすい金属になります。
変色の原因は、銀と銅が酸化に反応しやすく、油分や硫黄などとの科学反応を起こすからです。油分や硫黄はある程度対策はできますが、空気中にある酸素との反応は対策のしようがありません。
K18ピンクゴールドが変色すると、茶色系がやや強くなってきます。K18ピンクゴールドは変色しやすいとはいえ、長い年月で少しづつ変化していくので、実際はそこまで心配することもないです。
それでも、変色させないために大事なクリーニングの方法をご紹介いたします。
クリーニングはご自宅でもできます。

  1. 中性洗剤を溶かしたぬるま湯に、ジュエリーを入れてつけ置きをしてください。
  2. 数分後、水洗いをし汚れを落とします。
  3. 柔らかな布で水分をふき取ってください。

以上のことで、油分などの汚れが取れるので、ジュエリーを綺麗にすることができます。変色してしまって、どうしても気になった場合は、メンテナンスをプロにお任せください。

金属アレルギーの心配が非常に少ない

K18ピンクゴールドは、金属アレルギーに強く、反応が出る方は非常に少ないです。K18ピンクゴールドの中に含まれる、金と銀に関しては、アレルギー反応がほとんどないです。金属アレルギーに悩まれている方でも、ニッケルやコバルトに反応していることが多いため、それらの金属が含まれていないK18ピンクゴールドは大丈夫な方が多いです。
K18ピンクゴールドで金属アレルギーが出るとしたら、銅が原因である可能性が高いです。真鍮やシルバー925などの、銅が含まれている製品でアレルギー反応が出ても、K18ピンクゴールドは大丈夫なことも多いです。
K18ピンクゴールドは、K18イエローゴールドと比べて銅の割合が多いので、わずかですがアレルギー反応が出やすいです。
K10ゴールドは、K18ゴールドと比べ、より銅の割合が多いためアレルギー反応が出やすいです。
K18ピンクゴールドの中に「パラジウム」を配合しているブランドも多くありますが、パラジウムを入れることでアレルギーリスクが増えるため、アミュリではパラジウムを入れないK18ピンクゴールドを採用しています。

ちなみに、親の金属アレルギーは赤ちゃんには遺伝しないようです。

K18ピンクゴールドのまとめ

  • 柔らかなピンク色が特徴
  • 日本時の肌によくなじむ
  • 金を75%、銀を5%、銅を20%配合した合金
  • プラチナやK18イエローゴールド以上の硬度を持つ
  • 傷が目立ちづらく、長い年月とともに変色していく
  • 金属アレルギーの心配がほとんどいない