K18イエローゴールドについて

About K18 Yellow Gold

ジュエリーでゴールドといえば、最も一般的なのがK18イエローゴールドです。純金の黄金色に近い輝きが特徴で、強度や耐久性にも非常に優れた金属です。K18イエローゴールドはファッションジュエリーとしてだけでなく、婚約指輪、結婚指輪としても人気があります。日本では、結婚指輪の主流はプラチナですが、ヨーロッパではゴールドのほうが人気があります。

ここでは以下の順番で、K18イエローゴールドの魅力をお伝えします。

K18イエローゴールドの魅力

  • イエローゴールドはファッション性が高い
  • K18イエローゴールドには何が入っているの?
  • 安心の強度で、輝きが長く続く
  • 変色に強く、見た目が変わらない
  • 金属アレルギーの心配が非常に少ない
  • K18イエローゴールドのまとめ

イエローゴールドはファッション性が高い

イエローゴールドは、黄金色の輝きがアクセントとなり、おしゃれな印象があります。
結婚指輪を探している花嫁の統計によると、初めの検討段階ではゴールドの指輪が多く目に入っているそうです。しかし、購入に近づくと皆様プラチナになっていきます。「結婚指輪特集」ではプラチナが大半ですが、「おしゃれな結婚指輪特集」ではゴールドの割合が一気に増えます。
結婚指輪に限らず、ファッションジュエリーやベビーリングでも、ファッション性を高めたい方には、イエローゴールドはおすすめです。

K18イエローゴールドには何が入っているの?

K18イエローゴールドは、ゴールドに銀と銅を混ぜた合金です。金を75%、銀を15%、銅を10%配合しています。
なぜ純金を使わないかというと、混じりっ気のない純金だと強度が弱すぎて、すぐに変形してしまいジュエリーには不向きだからです。銀と銅を混ぜることにより、強度が高まり、ジュエリーとして安心して使用できます。
他のK18ゴールドの配合は、ピンクゴールドはイエローゴールドと比べ、銅の割合が多くなっています。ホワイトゴールドは、銀と銅のほかにパラジウムを配合しています。
K18イエローゴールドの比重は約15.5で、プラチナ950の約20.6と比較すると、小さくなっています。比重が小さいと、同じ大きさのものを作ったときに、重さが軽くなります。プラチナとゴールドで、同じ寸法とサイズなのに、重さが違うのは比重が関係しているからです。

安心の強度で、輝きが長く続く

K18イエローゴールドは、日常生活で肌身離さず使用しても、安心できる耐久性があります。プラチナのジュエリーと比べても、同等かそれ以上の硬度があります。
ジュエリーとして日常で身につけることで、生活傷がつくことは避けられませんが、K18イエローゴールドは傷があまり目立たないというメリットもあります。プラチナと比べても、K18イエローゴールドのほうが小傷が気にならないです。これは車で想像していただくとわかりやすいですが、白系のカラーのほうが汚れや傷が目立ちやすく、色物のほうが比較的目立ちづらいということです。
同じK18ゴールドでも、ピンクゴールドは小傷が目立ちづらいですが、ホワイトゴールドは小傷が目立ちやすいです。

変色に強く、見た目が変わらない

K18イエローゴールドは、変色もしにくく、とても安定した金属です。変色したとしても、さほど見た目が変わらないため、ほとんど気にならないです。
金は変色しない貴金属ですが、銀と銅は変色してしまいます。ジュエリーが変色するのは、空気中の酸素、汗や皮脂などの油分が原因です。銅が多く含まれているK18ピンクゴールドはK18イエローゴールドと比べ変色しやすいです。
K10ゴールドはK18ゴールドと比べ、より変色しやすいので、見た目の変化が気になる方は注意が必要です。見た目の変化がほとんどない金属を求めている方には、K18イエローゴールドがおすすめです。

金属アレルギーの心配が非常に少ない

K18イエローゴールドのジュエリーを使用していて、金属アレルギーの反応が出る方は非常に少ないです。K18イエローゴールドの中に含まれる、金と銀に関しては、アレルギー反応がほとんどないです。金属アレルギーに悩まれている方でも、ニッケルやコバルトに反応していることが多いため、それらの金属が含まれていないK18イエローゴールドは大丈夫な方が多いです。
K18イエローゴールドで金属アレルギーが出るとしたら、銅が原因である可能性が高いです。
真鍮やシルバー925などの、銅が含まれている製品でアレルギー反応が出ても、K18イエローゴールドは大丈夫なことも多いです。同じK18ゴールドでも、ピンクゴールドは銅が多く含まれているので、わずかですがアレルギー反応が出やすいです。
K10ゴールドは、K18ゴールドと比べ、より銅の割合が多いためアレルギー反応が出やすいです。

ちなみに、親の金属アレルギーは赤ちゃんには遺伝しないようです。

K18イエローゴールドのまとめ

  • 純金の黄金色に近い輝きが特徴
  • ファッション性が高くカジュアル
  • 金を75%、銀を15%、銅を10%配合した合金
  • 強度が強く、耐久性に優れている
  • 傷が目立ちづらく、変色も気にならない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどいない